シュノーケリングを楽しむときに服装は

シュノーケリング初心者でも楽しめるシュノーケリングとして服装をしっかりと用意しておくべきでしょう。
沖縄へ旅行中でも楽しめるように事前に用意する必要はありません。
大半がレンタルできるので活用できるものは活用しましょう。

基本のスタイルは?

シュノーケリングの基本的なスタイルですが、ウェットスーツまたはラッシュガードを着て楽しみます。
夏などはそれだけでいい場合も多いのですが、秋や少し寒がりというとはウェットスーツやラッシュガードの下にインナーを着るといいでしょう。
機能性を重視したインナーもありますし、デザイン性を重視したインナーもありますので、見た目で楽しむことができるのも特徴です。

ウェットスーツはどのような特徴があるのか

沖縄でシュノーケリングをする際にウェットスーツを着る人も多いでしょう。
生地葉だいたい2ミリから7ミリ程度が主流で、厚ければ厚いほど、保温性に優れているという特徴があります。
水中に入ると内部に水が浸入する可能性はありますが、体型にあったサイズを選べば少ししか水が入ってくることはないので安心してください。
侵入した水は体とスーツの間に入ることによって水の層が作られます。
この水の層というのは実は体温によってすぐ温められて暖かい水に変化しますので、水が入ってきたからと言って寒さを常に感じるという事ではありませんので安心してください。
全身がつながっているワンピース型、半そで半ズボンなど様々なウェットスーツがあり、レンタルもあるので自分に合ったものを選ぶといいでしょう。
保温性に優れていてUV対策になるタイプがお勧めです。

ラッシュガードについて

ラッシュガードはもともとはマリンスポーツをする人のアンダーウェア替わりに使用することが多いです。
シュノーケリングをする際も、UV防止、擦り傷を作らない目的で使用されることが多いでしょう。
水着の上に着ることもありますし、そのまま水着替わりに来ている人もいます。
前開きのものもあればウェットスーツのようにかぶって着るタイプもあります。
半そで長袖いろいろとありますが、傷を作りたくはない、紫外線防止目的で使用したいという人は、肌を守る目的も兼ねて長袖を選ぶといいでしょう。
フードがついているタイプもあります。
ラッシュガードはレンタルではなくて購入が一般的ですので事前に自分で用意しておくと便利です。
シュノーケリング以外でも使用することが可能です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP